百合とメガネと大体駄文

ブログ名のとおりです

ルミナスブルーのオタクなのでルミナス=ブルーをまだ語る

皆さんごきげんよう

今回もオタクの戯言です。

皆さんルミナス=ブルーって漫画はご存知でしょうか?

知ってる方はもちろん、知らない方は是非このタイミングで読んでほしいのですが、カメラと四角関係、そして時系列的にこじらせた人間関係と圧倒的な作画力でお送りする百合姫屈指の最高傑作です。

 

百合とかレズとかそういうのが分からなくてもフーリエ変換がわかる方は次のページを見ていただければルミナス=ブルーの素晴らしさがわかるかも知れません。

よろしくお願いします。

 

 

なぜこれを書いたのか

令和元年5月17日に、このような動画が公開されました。

その名も

 

百合姫PowerPushPVキャンペーン第1弾/ルミナス=ブルー

です。(以下ルミナス=ブルーボイスドラマと略す)

 

これの何が素晴らしいかと言うと、ルミナス=ブルーの原作1話に対して、各キャラクターに声優を割り当て、擬似的なアニメを作っているというところですね。

つまりよくあるTwitterで1話丸々公開!とかを超越した

1話丸々アニメ化

みたいなものです。

5分くらいで終わるものかと思ってましたが、まさかの14分近い動画です。

下手すると15分枠のアニメよりも長い本編のアニメです。

ここに動画埋め込んでおくので見てください。きっと百合が好きな人ならハマるので。

www.youtube.com

ここがすごい!ルミナス=ブルーボイスドラマ

なんと言っても、まず声優さんによる声当てが行われているところですね。

本誌やコミックスで見る時とは違い、声優さんの声当てによる効果でなかなか作品の意味が深くこちらに伝わってきます。

メラビアンの法則によると、普段人間は初対面の3~5秒で相手の印象が決まり、その情報を視覚情報から得ているというものがあります。

このメラビアンが提唱する概念においては、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、話の内容が7%で初対面の人物を認識しているそうです。

つまり、コミックスや百合姫本誌で見かけた時は、視覚情報と話の内容なので、1話読んで印象が決まる割合はほぼ視覚情報、話の内容はその1/5です。

しかし、ここで音声という聴覚情報が入ることで、今まで作品になかった聴覚情報が追加されるので、更に印象が変わります。(ざっくり言えば原作を読んだ上でアニメ見るみたいなもの)

そしてやはり、キャラクターに命が吹き込まれている感じがします。

例えば上記動画5:59あたりからはじまる先輩との会話。垂水ちゃんの人間味とかキャラクター性がより伝わりやすくなってますね。かわいい。

このおかげでかなりルミナス=ブルーのキャラクターに対しての個性とかが、より分かりやすくなっていると思います。

 

映像について

動画の四隅をよく見ると分かるのですが、かなりピントがボケている(どちらかというと白飛び?)ように見られます。

実際のカメラでは、周辺光量落ちという光学上どうしても起こる現象があり、その名の通り、写真の周辺の光量が落ちて、四隅が暗くなる現象があります。

ルミナス=ブルーではカメラを取り扱っているせいか、ちゃんとカメラの特性を表している部分が最高にオタクのツボポイントを突き刺してて最高です。

 

個人的な話

少し嬉しいこととしてはデータの種類が増えたというところですね。

先程貼ったフーリエ変換の記事では画像に対しての二次元フーリエ変換を行っていますが、普段フーリエ変換は音声や信号などの一次元的なデータに対して行うことが一般的です。なので、動画から音声だけを抜いてフーリエ変換かますでも、動画と音声の3次元だか4次元だかわからないけども、そこまでのフーリエ変換かますことで更にフーリエ解析的にルミナス=ブルーの面白さを発見できるかも知れませんね。

他にも、コマに対しての音声解析などを行って「どのようなセリフだとこのような感じで読み上げられるだろう」などを予測するニューラルネットワークを作ってもいいかもしれません。

 

やっぱり嬉しいこと 

最後に一番うれしいこととしては、今回の動画のタイトルをみて分かる通り、百合姫PowerPushPVキャンペーン第一弾というところですね。

おそらく今後もこういうキャンペーンも行われるんでしょうし、声優がある程度キャラにつくことでアニメ化も近いのでは?と期待させてくれます。(これはオタクが勝手に期待するだけなので実際はどうなのか知らない)

そして、第一弾は「試しにやってみたけどどうだろうか」というプロモーター側の気持ちがあると思いますが、その第一弾としてこのルミナス=ブルーが選ばれたことがとても光栄です。なにより、これが好評であれば今後も第二弾第三弾と次々に作品がボイスドラマ(もはやアニメだと思うが)化してくれるとなるとありがたいですね。

これこそ令和時代の広告だと思います。

 

 まとめ

やっぱりルミナス=ブルー最高なんだよなぁ……

たるたるはカメラバカしててかわいいし、完全に闇の関係を持っている雨音ちゃんと寧々ちゃんの間柄も、読者の背筋をゾクゾクさせまくって読者の背筋を殺しにかかってます。

また、割と謎な人物である葉山先輩もこれから関わってくるでしょうし、モブキャラ2くらいの扱いであるオースチンがちょこちょこ喋ってくるのが大好き。

これはまだあまり知られていない情報なんですけど、実はルミナス=ブルーってこれを書いている現時点でコミックスが1巻しか出ていないんですよ。

なので、いまからキングダム全巻集めるとか始めるよりもかなり手軽に作品を追えます。

ここにKindle版のリンク貼っておきますね。よかったら是非。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PPFJSXT/

 

「わしゃ意地でも紙の本を本屋で買いたいんじゃ!」と心の千鳥ノブが荒ぶる人のために、一応「書店員に見せたらわかってくれるだろう画像」を作りましたので、これを書店員に突きつけてください。あとは優秀な全国な書店員さんがどうにかしてくれます。

f:id:dst0m:20190518005640p:plain

どうぞルミナス=ブルーをよろしくおねがいします。